福祉・医療・衛生の通信講座

医療事務・衛星管理者・ケアマネージャー・消費生活アドバイザーについて説明

医療事務

  • どんな資格・仕事?/病院での受付・医療費の会計業務
  • 活躍してる職場は?/将来性があり、活躍の場は更に広がる
  • どうな人に向いてる?/明るく丁寧で、きめ細やかな対応ができる人

医療事務はどんな仕事なの?

医療事務はどんな資格・仕事なのでしょうか。医療事務の仕事は、病院で受付をしたり、医療費の会計業務などです。医療事務はメディカルクラークとも呼ばれ、患者の対応からカルテ管理、診療報酬請求業務(レセプト業務)、入退院などの各種手続きと説明を行う医療関係事務の専門家です。

医療事務はどんな職場で活躍しているの?

医療事務の職場は病院や診療所が中心で、正社員もいればパート、アルバイトも多く、派遣社員として働く方もいるなど雇用形態も様々です。全ての業務を担当するケースもあれば、レセプト業務のみを専門的に働くというケースもあって、勤務先により働き方が違うようです。

医療現場では、医療事務にアウトソーシングを導入するところが増えています。その点でも、医療事務は今後も将来性のある資格されており、活躍の場は更に広がる事が予想されます。

人気の高い資格ですから、取得を考える方はとても多く、実務が重視される傾向のようで、募集の際も年齢より経験によって採用が決まる事があるようです。

医療事務はどんな人に向いているの?

医療事務が向くとされる方は、明るく丁寧な言葉使いや相手の立場に立って気配りが出来るなど、医療関連の仕事といえど接客業である事を忘れずに、きめ細やかな対応が出来る方です。医療事務は社会的意義の大きい仕事でもあって、人の役に立ちたいと考える方には非常に魅力ある資格でしょう。

衛星管理者

  • どんな資格・仕事?/健康相談や疾病予防など、現場での衛生全般に関する業務を行う
  • 活躍してる職場は?/業種に関連なく、総務・労務部門のプロとされ、就職・転職に有利
  • どうな人に向いてる?/安心して働ける環境について興味が持てる人に向いている

衛星管理者はどんな仕事なの?

衛星管理者は労働災害を未然に防いだり、労働者が安全に働ける環境を整える目的で安全装置の設置をし、危険防止の設備・器具などの点検、衛生面の改善に努めて健康診断の実施を行い、健康相談や疾病予防など、現場での衛生全般に関する業務を行なうのを仕事としています。

衛星管理者はどんな職場で活躍しているの?

全ての業種に対応する第一種と、農林畜産やガス、水道、医療関連など除く業種に対応する第二種があり、設置が労働安全衛生法において義務付けられています。

衛星管理者は50人以上の従業員が従事する事業所に1人は専任として置かれる事と決まっていますが、未選任のままの企業も多く、衛星管理者の有資格者は不足している事から常に需要があるようです。業種に関連なく求人があるようで、総務・労務部門のプロとされ、就職・転職に有利です。

衛星管理者はどんな人に向いているの?

衛星管理者を目指す方は、安全への意識の高い方が多いようで、安心して働ける環境について興味が持てる方には最適な資格でしょう。更に最近は社員のメンタルケアも重要とされ、衛星管理者への期待は一層高まりつつあります。

年間4万人以上の受験者がいる事からも、人気の国家資格の一つであり、将来性も高いとされ、今後も活躍が期待される資格であるのは間違いないでしょう。

ケアマネージャー

  • どんな資格・仕事?/適切や介護サービスの提案や家族への助言、要介護認定の申請代行
  • 活躍してる職場は?/高齢化社会により、活躍の非常に広く、資格保有者は優遇される
  • どうな人に向いてる?/コミュニケーションがあり、温かみ溢れる対応ができる人向き

ケアマネージャーはどんな資格・仕事なの?

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事とは、介護を必要とする方の心身の状況に応じて適切な介護サービスを提案し、自立した日常生活が送れるように色々なサポートを行う仕事です。

また、家族への助言、要介護認定の申請代行などもケアマネージャーの業務のひとつで、医療・福祉の面からも高く評価されている社会的意義の大きい国家資格です。

ケアマネージャーはどんな職場で活躍しているの?

ケアマネージャーの働く場は、主に居宅介護支援事業所や介護保険施設とされます。しかし、非常に活躍の場が広いのがこの資格の特徴でもあり、介護老人福祉施設や介護老人保健施設などの介護保険施設や有料老人ホーム、ケアハウス、市町村の介護福祉課や介護関連の企業で働く方もいます。高齢化社会を向かえた現状では需要のある資格となっていて、資格保有者は優遇される事も多いようです。

ケアマネージャーはどんな人に向いているの?

ケアマネージャーに向いているとされるのは、人と人との触れ合いや信頼が重要な仕事でありますから、コミュニケーション能力がある方とされ、更に、介護を受ける方に最適なサービスが提供できるように状況を正しく判断できる冷静な分析力と公平性も重要です。そして、利用する方の主体性の尊重を忘れずに、温かみ溢れる対応が出来る方が適任と言えるでしょう。

消費生活アドバイザー

  • どんな資格・仕事?/消費者の利益を守り、企業の商品管理体制を充実させる
  • 活躍してる職場は?/デパート、スーパー、電気機器製造業、化粧品メーカーに病院などで活躍
  • どうな人に向いてる?/生活に密着した事柄に関心がある方で、主婦から評価の高い資格

消費生活アドバイザーはどんな仕事なの?

消費生活アドバイザーの仕事は、消費者と企業を仲介役となって、適切なアドバイスを行ったり、消費者や行政から出た意見を企業に伝え、よりよい商品開発のサポートをする事です。

多様化する現代社会では消費者トラブルも急増しており、商品やサービスの改善にも一役買う立場で、消費者の利益を守り、企業の商品管理体制を充実させる役目もあります。

消費生活アドバイザーはどんな職場で活躍しているの?

消費生活アドバイザーの活躍の場は、消費活動があるところ、つまり、デパート、スーパー、電気機器製造業、化粧品メーカーに病院など、実に幅広い職場があります。

企業や行政の消費者窓口や、商品テスト機構などの調査機関でも消費生活アドバイザーは働いています。最近は食の安全性が注目を浴びており、食品メーカーでの活躍が期待されているようです。

消費生活アドバイザーはどんな人に向いているの?

この仕事の向くとされるのは、生活に密着した事柄に関心がある方や、契約トラブルや悪徳商法の改善に興味が持てる方でしょう。

さらに、環境保護の観点からも消費者生活アドバイザーの資格取得者は人気の高い資格とされ、エコロジカルな商品開発に積極的に取り組む方にも向きます。

実生活に役立つ知識が得られますから、主婦から評価の高い資格と言われ、実際に全体の6割が女性の受験者であるとされています。