経理の通信講座

簿記3級・中小企業診断士・ファイナンシャルプランナーについて説明

簿記3級

  • どんな資格・仕事?/社会人としてステップアップするのに役に立つ資格
  • 活躍してる職場は?/活躍の場は広く、有資格者は求人などでも優遇される
  • どうな人に向いてる?/会計士や税理士などを目指す方で経済の知識を身につけたい方におすすめ

簿記3級はどんな資格・仕事なの?

簿記は帳簿を付けるための技術で、単式簿記と複式簿記があり、簿記検定で勉強する簿記は、複式簿記になります。

商売には欠かせない帳簿記入をするためのツールとして簿記は以前から学ぶ方が多く、就職・転職でも有利とされる人気の資格となっています。

簿記3級は、簿記では基礎的な資格とされますが、資格を持つことでそれまでは理解が及ばなかった感覚が身に付き、より経済に親しめるようになったと感じる方がいるようですから、社会人としてステップアップするためにもとても役立つ資格でしょう。

簿記3級はどんな職場で活躍しているの?

簿記3級を持っていると色々な場面でプラスとなり、活躍の場は非常に広く、有資格者は求人などでも優遇されますので、企業の経理部門を始めとして実にたくさんの業界から優秀な人材が求められています。

そして、自営業の方にとっても、簿記は頼りになる資格です。簿記が分かると会社の財政や経営状況やつぶさに理解出来るため、簿記を学ぶ個人経営者は少なくないでしょう。簿記3級で学ぶ知識は基礎的とはいえ、自分の能力を上げるには良い資格です。

簿記3級はどんな人に向いているの?

会計士や税理士などを目指す方や、自らを磨いて、ビジネスシーンをより良いものにしたいと考える方には最適な資格で、経済の知識を身に付けたい方にはお薦めです。

中小企業診断士

  • どんな資格・仕事?/中小企業の安定した経営の為の専門的な立場からのサポート・アドバイスする仕事
  • 活躍してる職場は?/企業の営業部、人事部、総務部、金融業などを中心に活躍
  • どうな人に向いてる?/30代以上の中堅サラリーマンに高い人気

中小企業診断士はどんな資格・仕事なの?

中小企業診断士は憧れの国家資格として知られます。仕事内容は、中小企業の安定した経営の為の専門的な立場からの助言を行い、経営診断、資金調達、人材活用や新分野の開拓に必要とされる対策へのアドバイスをして、問題改善に役立つサポートをします。

ビジネスマンにとって重要とされる事柄を多く扱いますから、資格を持つことは非常に大きなアピールポイントとする事が可能で、取得を目指している方がたくさんいるといわれます。

中小企業診断士はどんな職場で活躍しているの?

中小企業診断士の活躍の場は、企業の営業部、人事部、総務部など、経営の知識が要求される部門や、金融業などを中心に多くの業種で重視されています。独立して活動している方もいますし、アナリストや経営コンサルタントの肩書きを持つ方でキャリアを磨く為に取得している場合もあります。

中小企業診断士はどんな人に向いているの?

中小企業診断士に向いているのは、経営に興味がある方でしょう。コンサルティングを行うので、経営状態を正確に把握して分析し、問題点について適切なアドバイスが出来る能力、加えてコミュニケーションを通じて顧客との信頼関係が築ける事も大切なポイントです。中小企業診断士の資格は、自己啓発にも役立つ事から昇進の近道とも捉えられ、30代以上の中堅サラリーマンに高い人気があります。

ファイナンシャルプランナー

  • どんな資格・仕事?/生活設計において重要な金融・貯金などについてアドバイスする仕事
  • 活躍してる職場は?/金融・経済に関する業界では有資格者は優遇
  • どうな人に向いてる?/金融に限らず広いジャンルに興味を持てる人向き

ファイナンシャルプランナーはどんな資格・仕事なの?

ファイナンシャルプランナー・FPは経済関連のTV番組や雑誌などで良く耳にする資格でしょう。主な仕事は、生活設計で重要な金融・貯金などアドバイスを行い、堅実な将来設計を描くサポートをする事です。顧客からのデータを元に、最適な資産運用を提案したり、住宅ローン、教育資金、老後の資金調達に必要な情報を提供し、生命保険を見直しや、家計の無駄を改善するための相談などを業務としています。

ファイナンシャルプランナーはどんな職場で活躍しているの?

ファイナンシャルプランナー・FPは、金融の専門家として活躍し、銀行、証券会社、保険会社では評価の高い資格とされます。他にも、不動産や企業の会計部門でも多くの方が働いていて、経済に関する業界では有資格者は優遇されているようです。

フリーとして、経済アナリストになったり、税理士の方がダブルライセンスとして取得する事もあって、多くの分野で人気となっている資格でしょう。

ファイナンシャルプランナーはどんな人に向いているの?

ファイナンシャルプランナー・FPに向くのは、社会全体に目を向け、金融に限らず広いジャンルに興味を持てる方です。また、年金や保険の仕組みを理解したり、最も効率的に貯金する為に必要な情報探しが得意な方も向くでしょう。常に新しい情報が求められる仕事ですから、勉強熱心である事も大切で、情報を正しく分析する能力も求められます。