電気の通信講座

第二種電気工事士・電験三種について説明

第二種電気工事士

  • どんな資格・仕事?/電気配線の設置をしたり、事故防止を図りながら配線工事の管理
  • 活躍してる職場は?/建築業・ビルメンテナンス業・インテリア業・リフォーム業で活躍
  • どうな人に向いてる?/将来、電気主任技術者を目指しているという人

第二種電気工事士はどんな資格・仕事なの?

第二種電気工事士の仕事は、住宅、会社、工場等の電気配線の設置をしたり、事故防止を図りながら配線工事の管理を行います。電気工事士は国家資格であり、電気工事のプロフェッショナルとして、電気機器の工事や修理、コンセントやスイッチの取り付けを行うのに必要とされるものです。

電気工事士には第一種と第二種があって、第二種電気工事士は一般用電気工作物、例を挙げると住宅や小規模な店舗などの電気設備が扱え、電気工事に関する資格では基本とされます。

第二種電気工事士はどんな職場で活躍しているの?

第二種電気工事士の活躍の場は電気工務店が主で、建築業、ビルメンテナンス業、インテリア業やリフォーム業、また、電気機器製造業でも電気に関する専門知識が有用とされ、電気が使われる業界なら数多くの求人があります。さらには、電力会社や鉄道会社からの引き合いもあるようです。

第二種電気工事士はどんな人に向いているの?

第二種電気工事士に向くとされるのは、電気が利用される仕組みに興味があって、その安全性を高める技術を学びたいという方にはピッタリでしょう。

手に職をつけるには最適とされ更にスキルを磨き電気主任技術者を目指しているという方には入門編といえる資格であり、取得していれば電気系の求人おいて大いにアピール出来るのではないでしょうか。

電験三種

  • どんな資格・仕事?/電気による火災や事故を未然に防いだり、安定した供給の為の運営管理
  • 活躍してる職場は?/電力会社、鉄道会社、ビル管理業や建築業など広い範囲で活躍
  • どうな人に向いてる?/電気工事に必要な技術をよりレベルアップさせたいと考える人

電験三種はどんな資格・仕事なの?

電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者と言います。工場等に設置する電気工作物の管理、保安を行う電気工事に関するスペシャリストで、社会的にもニーズの高い仕事であり、電気が欠かせない現代の暮らしでは不可欠な国家資格とされます。電気を安全に使うためにも重要な役割を持ち、電気による火災や事故を未然に防いだり、安定した供給の為の運営管理を行っています。

電験三種はどんな職場で活躍しているの?

電験三種の活躍の場は、電気に関連する分野のほとんどであると言って良いでしょう。電力会社、鉄道会社、ビル管理業や建築業など、広い範囲で需要があり、電化製品製造業や小売業などでもその重要性は確かなものとされます。最近はオール電化住宅やマンションが増えた影響によって、電気に関する資格取得者への求人が多く、今後も評価の高さは更に加速することが予想されます。

電験三種はどんな人に向いているの?

電験三種は、電気工事などに必要とされる技術をよりレベルアップさせたいと考える方に最適な資格です。高度な専門知識が要求されますから難易度も高いのですが、社会的信頼ある資格として取得する方はとても多いようです。就職などにも有利で、電験三種の資格があれば定年後の再就職にも困る事は少ないとされますので、電気に興味があれば取得する事を考えてはいかがでしょうか。