土木の通信講座

土木施工管理技士・土地家屋調査士・測量士について説明

土木施工管理技士1級・2級

  • どんな資格・仕事?/工事に関連する幅広い業務に従事
  • 活躍してる職場は?/建設業・地質調査会社・測量会社・造園業で活躍
  • どうな人に向いてる?/責任感があり、建築業に興味がある人にピッタリ

土木施工管理技士1級・2級はどんな資格・仕事なの?

土木工事に必要な土木施工管理技士は、施工管理技士国家資格に含まれ、1級は主任技術者として工事計画の作成と工程管理、安全の為の保安管理を行い、2級は更に土木、鋼構造物塗装、薬液注入に別れて、計画・管理を行っています。1級と2級では工事規模の違いがあって、1級は橋やトンネルなどの現場を担当しています。

仕事は計画作成から建築資材、工事用重機の手配、周辺住民や周りの環境に配慮して必要な対策を行うなど、工事に関連する幅広い業務に従事しています。

土木施工管理技士1級・2級はどんな職場で活躍しているの?

土木施工管理技士の活躍の場は領域が大きく、建設業は勿論ですが、地質調査会社、測量会社、造園業などにも関連が深く、都市計画に携わる方もいれば、この資格を持ちながら建築デザイナーとして活動する方もいるようです。

土木施工管理技士1級・2級はどんな人に向いているの?

この資格には管理能力と折衝能力が必要で、建築業に興味がある方が向きます。多岐に渡る業務をこなさなければなりませんし、工事に安全対策は不可欠で、責任も重いものとなりますが、自分が計画した道路や橋が出来上がる事はたいへんなやりがいがあるのではないでしょうか。地図に載る仕事がしたいのなら、1級土木施工管理技術者はベストな資格で、多くの技術者と一緒になって作り上げる喜びが感じられる仕事です。

土地家屋調査士

  • どんな資格・仕事?/現地調査をして建物の現況確認・測量地図作成
  • 活躍してる職場は?/独立して活躍する人が多い
  • どうな人に向いてる?/不動産や建築に関心が持てる人向き

土地家屋調査士はどんな資格・仕事なの?

土地家屋調査士の仕事は、現地調査をして建物の現況確認をしたり、確認後の測量地図作成や、土地や建物の登記申請手続きを代行する事です。

土地家屋調査士法に基づき、土地や家屋に関するプロであり、不動産関連の資格としては不動の人気を誇っています。土地購入や住宅の新築の際には、土地家屋調査士が土地境界を確認する事から始まります。その時に必要な手続きのサポートをしており、相談なども親身になってくれるでしょう。土地家屋調査士の職場は土地家屋調査士事務所が主です。

土地家屋調査士はどんな職場で活躍しているの?

独立して活躍する方も多く、ダブルライセンスとして測量士、宅建業者、不動産鑑定士、建築士や司法書士の方が取得するケースもあり、それぞれの事務所・会社で何らかの資格保有者として兼任する事もあります。

土地家屋調査士はどんな人に向いているの?

土地家屋調査士に向いているのは、勿論測量技術を身に付け、不動産や建築に関心が持てる方でしょう。また、境界トラブルが発生した時にも重要な働きが期待されますから、常に測量技術の向上を目指して努力している方が相応しいとされます。

登記内容を確実なものとし、信頼足りうる能力が必要とされ、土地家屋調査士には業務をしっかりと、確実にこなして行く責任感ある人材が重視されています。

測量士補

  • どんな資格・仕事?/測量士の補佐役として測量計画に沿った業務を受け持つ仕事
  • 活躍してる職場は?/測量会社、建設会社、地図制作会社や建築設計事務所で活躍
  • どうな人に向いてる?/潰しが利くので、この分野に興味がある方にはお薦めの資格

測量士補はどんな資格・仕事なの?

建築業や道路工事に不可欠な仕事が測量ですが、測量法に乗っ取り土地の測量を行う専門職が測量士です。そして、測量士の補佐役として測量計画に沿った業務を受け持つのが国家資格である測量士補です。

測量士補の資格は建築や土木工事に関する資格として評価が高く、将来、土地家屋調査士になりたいと考える方からも人気のある資格です。

測量士補はどんな職場で活躍しているの?

建築・建設・土木の現場や、地図を製作する際にも重要な仕事ですから、活躍の場は広く、潰しが利く資格でもあるので、取得希望者は多いようです。

主な職場は測量会社、建設会社、地図制作会社や建築設計事務所で、不動産会社の専属となったり、また、GPS装置などにも測量技術が利用されている事からカーナビなどの開発に携わるという方もいるようです。

測量士補はどんな人に向いているの?

測量士補に必要な資質とは、仕事をやり遂げる責任感でしょう。測量士の指示に従い、土地の測量を行うので、指示の内容を的確に捉えていく判断力も大切ですし、効率良く測るために整理しながら仕事を進めていくことも重要です。

測量の関する科目を修めて大学を卒業する事や、専門学校を卒業後に実務を1年経験するなどで取得でき、比較的取りやすいとされますので、この分野に興味がある方にはお薦めの資格ではないでしょうか。